大規模事業用不動産と業者選び

不動産というと、賃貸マンションや建売住宅、住宅用分譲地などの、いわゆる個人向けの住宅が身近ですが、会社やお店の経営者などが関わる「事業用不動産」

というものもあります。

規模が小さなものでは、貸店舗や貸事務所、大きなものでは、貸倉庫や工場、マンション用地などが、それです。

また、マンション1棟を買い取り、賃貸マンションとして運用するものも、事業用不動産に含められるでしょう。

マンション1棟とはいきませんが、マンション1部屋を買い取って、貸すというサイドビジネスがあります。

このようなサイドビジネスは、借金でマンションの1室を買ったとしても、マンションのひと月の賃貸料を毎月の返済額より高くすれば、差額が利益になりますので悪いものではありません。

賃貸物件は相場の変動が緩やかなので、日々刻々と変わる株取引のように終始、金額に気を使う必要がなく、サイドビジネス向けだと言えるでしょう。

マンションの1室であれば、近所の不動産屋さんで買うことができますが、もっと規模が大きくなると事情が変わってきます。

もし、あなたが中古マンションを1棟売る必要にせまられたとします。

1部屋ではありません。

マンションの建物を、まるごと全部売るのです。

さあ、どのような行動をとられますか。

あなたが不動産業者でなければ、そのような機会はめったにありませんから、助けてくれる不動産屋さんを探すことになるでしょう。

不動産業界の内情を明かしますと、大半の不動産屋さんは、個人向けの住宅をメインに扱っていますので、中古マンションを1棟手がけた経験は、ほとんどありません。

あっても少数です。

結論から申し上げますと、このような物件は、大型事業用不動産の経験が多い業者に任せるべきです。

例えば、こちらのリンク先にある不動産会社などです。

事業用不動産の取り扱い業者をチェック

個人向け住宅用物件をメインにしている業者は、事業用不動産の査定経験も少ないので、適切な査定価格、要するに「相場に見合った売れる金額」

を正しく算出できるのか、はなはだ疑問です。

また、事業用不動産のような大型物件は、かの業者がよく使う新聞のチラシで、簡単に買い手が見つかるものではありません。